2022.07.29◆ 英語フレーズ・表現学習

超頻出!ビジネスや旅行、買物で幅広く使えるavailableの使い方をおさえよう

  • Are you available now?
    ― 今、空いていますか?



Gabbyトレーニングコンテンツから紹介するのは、”available”。

「手に入る」「利用できる」という意味でavailableを覚えている方も多いはずですが、意味は知っていてもどんなシーンで使えばいいのか分からない、という方もいるかもしれません。

実はavailableの使い方は知らないととても損!
逆にいえば、それを知ってさえいれば英語の表現力が格段に広がり、言いたいことを伝えやすくなります。

例えば上述の例文のように、availableは人を主語にして「(手やスケジュールが)空いている」という使い方もできるんです。日本語の辞書の表現にそのまま当てはめると、「人が利用できる」のようなおかしな訳になってしまいますが、英語での定義はもっと柔軟です。

それでは、早速例文を交えながらavailableの具体的な使い方を見ていきましょう。






availableの使い方


物を主語にして「手に入る」



物を主語にするavailableはあらゆる場面で使える汎用性の高い表現です。
具体的には、ホテルや乗り物などの空き状況、商品や情報が入手できる、技術やサービスの提供が受けられる…など挙げだしたらきりがありません。

早速、例をいくつか紹介します。


例文

I’m sorry, we don’t have any tables available at 7:00 p.m.
申し訳ございませんが、7時は空いているお席がありません。

Discounted flight tickets are available on DDC travel’s website.
DDCトラベルのホームページ上で、割引航空券を販売している。

Further information is available in our documents.
さらに詳しい情報は、資料に掲載しています。

City buses had to limit their available seating during the Pandemic.
市バスは、パンデミック時に利用可能座席を制限しなければならなかった。



1つ目の例の文脈では、「(席が) 空いている」の意味で使われます。
availableはこのように、レストランのテーブルの空き状況、ホテルの空室確認、飛行機やバスの空席の確認などで使われることが多く、それらの予約の際に知っておくととても役に立つ表現です。

2つ目と3つ目は、availableの「入手できる」という使われ方です。
具体的には、商品などの物から、情報やサービスまであらゆることが「手に入る」ことをavailableの一語でいうことが可能です。

また、4つ目の例文のように、availableは名詞を修飾して使われることもあります。
この場合は、例文のような物の他に、staffやemployeeなどといった人に対しても使うことができます。



人を主語にして「(予定などが) 空いている」



人を主語にした場合のavailableは「(予定やスケジュールが)空いている」「都合がつく」という意味となります。
前述の物を主語にするときの「利用可能である」「手に入る」という大元の意味から、「その人のスケジュールが利用可能である」=「スケジュールが空いている・都合がつく」というように想像することができます。

この場合のavailableは特にスケジュール調整やアポイントを取る際に非常に役立ち、ビジネスシーンでも頻繁に用いられる表現です。

それでは、例をいくつかご紹介します。


例文

I’m available any weekend but this Saturday.
今週の土曜日以外の週末なら、いつでも空いているよ。

Are you available for a quick call now?
今、少しだけ電話できる?

A. Are there days you cannot work on a weekday? (平日に勤務できない日はありますか?)
B. I’m available Monday through Friday. (月曜日から金曜日まで働けます。)




名詞でも頻出の”availability”


availableの名詞availabilityもスケジュール調整や予約、買い物などの場面で幅広く使われる単語です。
辞書を引くと、「利用の可能性」「入手できること」などと出てきて少し難しく感じますが、要するに「物や人の入手可能性」=「人の都合・予定・稼働状況」や「物の供給・在庫状況」と訳すのがより自然な意味となります。

availabilityは、特にビジネスシーンでは相手の予定を尋ねるときやスケジュール調整時に頻繁に利用されます。

例えば、”What’s your availability next week?”などと聞かれたら、あなたの来週の予定や都合について尋ねられているということになります。しっかりと返答できるようにavailabilityの使い方も以下の例を参考にして、マスターしておきましょう。


例文

We could meet next week. How’s your availability on August 1st?
来週にでもお会いできると思います。8月1日のご都合はいかがでしょうか?

Guided tours for larger groups are subject to staff availability.
団体ガイドツアーは、スタッフの都合によりお受けできない場合があります。

You can check the availability of our items online.
弊社の商品の在庫状況はオンラインで確認できます。

Many companies choose to produce abroad because of the low labor costs and the availability of labor.
多くの企業が海外生産を選択するのは、人件費の安さと労働力の確保が理由だ。




まとめ


いかがでしたか?
availableの一語だけで様々なシチュエーションで使うことができることをお分かりいただけたと思います。

とはいっても、単語の意味や使い方を知っているだけで使いこなせないというのでは意味がありません。

Gabby Academyでは、availableのように、英語ネイティブが日常的に使うフレーズや単語を脳科学的アプローチに基づくトレーニングで自然に習得し、英語ネイティブコーチ伴走のもとそれらを自然に使いこなせるようにしていきます

言語脳科学に基づく実践英語力開発メソッドを搭載したセルフ・トレーニングと、有資格の英語ネイティブコーチとの2回のオンラインセッションが体験できる30日間の無料トライアルを、まずはお試しください。



© Gabby All rights reserved.