2021.12.02◆ 英語フレーズ・表現学習

pay off – お金を払うだけじゃない、「pay」を使った英語イディオム6選

  • Investing in new, unknown projects is very risky but eventually it will pay off.
    ― 新しく未知なプロジェクトへの投資は危険を伴うが、最終的には利益を生むだろう。


本日のGabbyトレーニングで英語表現学習は、Open Questionsからの出題。

今回紹介するのは「pay off」。

「pay」という単語を見ると、お金に関することが頭に思い浮かぶ人は多いはず。
もちろん、「pay off」で、「借金を完済する/清算する」といったお金に関する意味が使われることもあります。

一方、この文中で使われているのは、投資が「利益を生む」という意味。「pay off」には、上述の借金を完済したという意味から転じ、結果や成果が出たことを表す「(努力が)報われる」「(投資などの)成果が生まれる」という意味も持ちます。ビジネスはもちろんのこと、日常のあらゆる場面で使われるイディオムです。

さて、本日は、お金を払うこと以外にも使われる「pay」を使ったイディオムを見ていきましょう。


お金を払うこと以外にも使われる「pay」を使ったイディオム


| pay someone off

ー (人を)買収する、お金を払って口止めする


例:He paid the guard off when crossing the border.
- 彼は国境を超えるときに、警備員に賄賂を支払った。

「(人)を買収する」や「お金を支払って(人)を口止めする」という意味となる「pay someone off」。
「pay 」+ 人 + 「off」のように間に人を指す単語が入る場合には、上述の「(人)の努力が報われた」という意味にはなりませんので、人名や人を指す名詞が間に入った際には注意しましょう。


| pay back

ー 借りを返す


例:My sister tried to pay her husband back for the trouble he had caused.
- 姉は、迷惑をかけた夫に仕返しをしようとした。

「借りを返す」という意味で使える「pay back」。
何か嫌なことをしてきた相手に対して「復讐する」「仕返しする」という様に使える一方で、誰かに「恩返しする」というニュアンスでも使うことができます。ネガティブまたはポジティブな意味かは文脈で判断しましょう。
また、「借金を返済する」という意味でも使えますので併せて覚えておきましょう。


| pay dearly

ー 重大な結果を招く


例:AX holdings has had to pay dearly for this delay in bringing on those requisite measures.
- AXホールディングスは、必要な対策を講じるのが遅れたために重大な結果を招くことになった。

「重大な結果を招く」という意味で使われる「pay dearly」。
ある行動や出来事の結果、大きな苦しみを味わうことを伝える際に使う表現です。


| pay the piper

ー (自分がした行いの)報いを受ける、ツケが回ってくる


例:I stayed up too late tonight. I’ll have to pay the piper tomorrow.
- 今夜は夜更かししすぎた。明日はツケが回ってくるだろうな。

自分の行いのツケが回ってくること、報いを受けることを表現する「pay the piper」。
「piper」というのは「笛吹き」という意味で、このイディオムは1680年頃から使われていたと言われています。村のネズミを駆除した笛吹き(piper)が、その報酬を支払わなかった人々に復讐するという物語が語源となっているようです。


| pay through the nose

ー 法外なお金を支払う、ぼったくられる


例:I paid through the nose to get the car fixed and it still doesn’t go properly.
- 車の修理でぼったくられた挙句、まだちゃんと動かないんだ。

「pay through the nose」は、「価値以上のものを支払う」「法外なお金を支払う」という意味のイディオム。
直訳すると、「鼻を通って支払う」という何だかよく分からない意味となります。一説には、9世紀にアイルランドを征服したデンマーク人が「鼻を数える」ことで戸籍管理を行い、その一人一人に法外な税金が課せられたためだとか。いずれにせよ、この言葉は17世紀以降、法外な支払いを指す言葉として使われるようになったそうです。



いかがでしたか?
「pay」と聞くとお金に関することだと思いがちですが、組合わせる単語次第で様々な意味を持って使うことができます。


Gabbyでは、随時無料トライアルを受付中!
既に知っている英語表現や知識が会話内で自然と口から出てくるようなトレーニングを行います。

お申込みはこちらからいつでも受け付けています。

© Gabby All rights reserved.